<< 麦のその後3 粉ふるい 秋に向かって >>

麦のその後2  HIKIKI

電動石臼HIKIKIを買いました!
b0095051_14345064.jpg

前回すり鉢ですって大変さが分かっていたので、どんなもんかと楽しみ^^
さっそく。
b0095051_14382640.jpg

ドイツ製の電動の石臼です。
いろいろ悩みましたが、デザインとお値段で相談し、一番手ごろかなと。
ネーミングもかわいいです^^
それでも、私にはかなりの奮発です^^;一生使えればいいのだけれど....
まず、電源をいれ上皿を回します。ヒキキ....といいすり具合の音になったところで
上から玄麦を入れます。
b0095051_14445632.jpg

そうすると、すぐに下から粉が出来てきます。
b0095051_14532136.jpg

早いです。あっという間です(笑)
100g/1分だそうです。
そうして出来た粉をふるいにかけて全粒粉と、ふすまに分けます。
b0095051_15103734.jpg

全粒粉とふすまの割合。
けっこう粉に名ある部分は少ないんですね。
2/3くらいかしら?
普段、ケーキを作るときのふるいを使っているのですが、

ここでまた問題発生!!

全粒粉をさらに細かく製粉機にかけると白い一般的な粉になるらしいのですが、
うちの篩では、全粒粉ほどの目しかないよう^^;
白い粉はもっと細かい目じゃないとダメそうです(多分;;推測ですが涙;;)

とりあえず、自分の小麦でパンを焼いて見たいので
全粒粉のみで、パン捏ね。
あ~、とっても硬いです。
なかなかまとまらない感じ。
そしてなんとか、形に;;
b0095051_1551058.jpg

ちょっと固めのドイツパン(?)ふうな素朴なパンが焼けました(笑)
でも、粉の香りがとってもよくって始めてにしては上出来でしょう^^;

それにしても、麦に関して無知な自分に気が付きました。
白い小麦粉ってとっても貴重なものなんですね。
とりあえず、もう少し研究して細かい篩を買って試して見ることにします。
お米と違って小麦、手がかかりますね。

でも、研究しているみたいでちょっと楽しいです♪
[PR]
by teinei | 2008-09-09 09:55 | 田舎暮らし 畑
<< 麦のその後3 粉ふるい 秋に向かって >>