<< 今年最後の記念日 忘れたころに >>

足踏みミシン

我が家には足踏みミシンがあります。
私の祖父からいただいたものです。
洋裁の仕事をしていた祖父は足踏みミシンを3台もっていました。

私も洋裁を習いたいと、洋裁の専門学校へ通い、
おじいちゃんの家に居候し、おじいちゃんの足踏みミシンで、
いろんな宿題を縫ったのです。
b0095051_1294513.jpg

今の家に越してきて、(その当時は)少し広さがあったので、
足踏みミシンひとつちょうだい と譲ってもらったものがこれです。
おじいちゃんの家のものは、いつも針と糸が掛けっぱなしで、
いつでも縫える状態になっていて、
私が使ったり、おじいちゃんが使ったり、おばあちゃんが使ったり。
とっても調子が良かったのですが、
頂いたものは、ずっとお休みしていたので、動きづらくなっていました。
b0095051_12145942.jpg

それを子供たちが、車を運転するように(?)あっちを廻し、こっちを動かし。
とってもスムーズに動くようになりました。
といっても、まだ一度もこれで縫ったことはないのだけれど。
普段はコンピューターミシンを使っているので、
勝手に糸調子などやってくれてとっても便利。
でも、それに負けない堂々とした魅力があるこのミシン。
b0095051_122029.jpg

細部にわたってとっても美しいんです。
ロゴも綺麗でうっとり。
また、落ち着いて足踏みミシンを使いたいな~と思います。
子供が落ち着いたら、針と糸は掛けっぱなしで、
思い立ったときにすぐに縫える相棒(笑)みたいに。
b0095051_12231075.jpg

でもまだ飾っておくだけ。
長男からもらったプレゼント。
小さなツリーを飾っています。

先週、おじいちゃんが他界しました。
私は洋裁を仕事にはしませんでしたが、
少しは遺伝子を引き継げたかな?
私の子供たちも足踏みミシンの使える人になって欲しい。
ゆっくりとした時間の中で。
[PR]
by teinei | 2006-12-12 12:28 | 好きなもの
<< 今年最後の記念日 忘れたころに >>